セサミンについて

「セサミン」もサプリとしては人気のある成分です。昔から胡麻は健康に良いとされてきましたが、特に胡麻の中に少し含まれているセサミンに、その秘密が隠れていたのです。

 

セサミンについて

胡麻の硬い殻の中には脂質やタンパク質、炭水化物、杯分、水分などが含まれていますが、セサミンはその中の約1%未満しか含まれていない希少価値の高い成分です。胡麻の種子に含まれているゴマリグナンというリグナン類の1つです。胡麻からも摂取することができますが、硬い殻に包まれた胡麻は細かく、咀嚼されずにそのまま排出されやすく、実際には摂りづらい成分です。

 

満足いくセサミンの量を胡麻から摂取するには、相当の胡麻が必要です。しかし胡麻には脂質が多いので脂質の摂りすぎが気になります。このようなことからもセサミンを摂取するのは、胡麻からよりサプリから摂取するのがおすすめなのです。

 

セサミンと抗酸化パワー

セサミンの効果は、細胞の老化防止、アンチエイジング、肝機能向上、悪玉コレステロール低減、動脈硬化を抑制し生活習慣病を予防などが挙げられます。そしてこれらはすべてセサミンの持っている強力な抗酸化パワーによる働きの結果なのです。

 

40歳を過ぎたら、体の酸化を防ぐことがとても重要となります。抗酸化物質は若いうちには体内で合成されるため、活性酸素を自分の力で除去してきました。しかし40歳ともなると、もう自力で活性酸素の除去は難しくなるため、外部から抗酸化物質を摂ることが大切になるのです。そのため抗酸化パワーのたっぷり含まれている成分をサプリからしっかり摂取していきましょう。

 

セサミンの効果

・肝臓機能の強化、改善効果

抗酸化成分といっても、さまざまな種類や性質があり、吸収されにくいタイプや酸化・分解されやすいタイプなどいろいろです。セサミンは胃腸で分解されずに肝臓まで届く性質を持っており、肝臓に届いてから強い抗酸化力を発揮します。

 

それによって肝臓内の活性酸素を除去することができ、肝臓機能を高める働きもあるのです。また肝臓機能を高めることで、アルコール摂取時のアセトアルデヒド急性毒性を軽くする効果もあります。セサミンは肝臓まで届く抗酸化パワーを持った成分として、数少ない抗酸化成分の1つがセサミンなのです。

 

・コレステロールや高血圧にも

セサミンは肝臓機能を高めることによって、肝臓内で脂肪を利用しやすく変える酵素も活発化し、それによってコレステロール値や血圧値の低下にも働き、動脈硬化の予防にもつながっていきます。他にもα-リノレン酸のDHAへの変換促進効果もあります。これらのセサミンパワーは生活習慣病の予防やアンチエイジングにも大いに期待することができるのです。

もっとセサミンサプリ|管理栄養士が教える実感サプリメントの選び方